竹清の天ぷらはうどんによく合う

本日のうどんや 竹清

セルフうどんの店 竹清(ちくせい)オフィシャルサイト

 

セルフサービスのうどん屋のトッピングには天ぷらとおでんが基本になっているが、この天ぷらが旨いって店は意外に少ないと思う。作り置きがメインであり、揚げたてを食べる機会があまりないのでそう感じるのだと思う。

 

竹清は店に入ったところで、天ぷらだけオーダーしてうどんの注文列に並ぶことができるため、揚げたてでアツアツの天ぷらをうどんと一緒に食べることができる。

 

正直、うどんは少し塩分濃い目で、うどん県の中では並だと思うが、天ぷらは絶品!

 

天ぷらを食べにうどん屋に行くといっても過言ではない。

 

場所は、市内中心部から少し外れているし、駐車場は少ないので、県外から来る人は要注意。

ファスナーが壊れかけたので、変わるビジネスリュックを修理に出した話

2年前の8月に変わるビジネスリュックを購入した。当初の購入動機は1泊以上の出張時に使用する手提げカバンの買換えであり、月1回程度の頻度で使用していた。仕事で使用するには少しポケット等が少ないかなぁと感じていたものの、書類で重くなるカバンがリュックになったことで、移動時は快適になった。

 

購入から半年後の人事異動で単身赴任することになり、出張する機会は無くなったが、月3回のLCCを使った帰省では、大いに活用できるサイズだった。

 

・かわリュタイマー発動か?!

購入から2年が終わったところ、うちのリュックもついにやってきました。初期?ロットに発生すると言われていたコアポケットのファスナー壊れ。

 

f:id:tanako3sun:20180924230823j:plain

 

これについては、無償修理対象と知っていたが、残念でならない。

修理の案内はこちらに記載されていた。

mitaimon.com

 

ファスナーの問題らしいが、不具合の特定は出来ていないらしい。

 

・そして修理へ

修理を依頼するには、スーパークラシックリペアセンターに写真付きのメールで、見積依頼するのだが、メールには購入年月を記載する必要がある。まぁ、月まで覚えてないよね。とりあえず、メールを検索してなんとか特定したが。

 

修理の依頼メールから2日後に送付先の連絡があり、仕事の都合や帰省やらで、10日後にようやく発送した。リュックの大きさに合うアマゾンの段ボールが丁度あったのでよかった。

 

送付のメール送って19日後修理完了と、発送のメールを受信した。ちょうど往復の日数も入れたら3週間切るぐらいでした。

 

 

・帰ってきた変わるビジネスリュック

修理完了の発送メールがきたのが、ちょうど帰省中だったので戻り次第、受け取りした。まぁ当然ながら見た目は同じ。

 

コアポケットのファスナーは以前よりスムーズに回るようになっている!!というのも購入当初からDカンを通過する当たりのファスナーの動きが悪く、閉まりにくいと感じていたのが気にはなっていた。Dカンがあるからその影響かと思っていたが、修理後はスムーズにファスナーが動くので、Dカンは関係なく、ファスナー固有の問題か?

 

リュックが2年で壊れるってのも製品としてどうかと思うが、アフターケアが機能している点は評価できる。最近はクラウドファンディングで色々なリュックやカバンを目にすることがあり、デザインも使い勝手も良さそうな製品がどんどん出てきている。そういった製品が作りっぱなしってことはないだろうけど、アフターケアってどうなっているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

こたつが出てきた 無印良品の楕円こたつ 

日中はお日様がでるとまだまだ暖かいが、朝晩は気温がぐっと下がり、今朝は11度前後とよく冷えるようになってきた。そうなると出したくなるのが こ た つ だ。誘惑に負けてゴロゴロしちゃうのだが、幸せを感じる家具?家電?である。

 

我が家のこたつは、2シーズン前に故障したのをきっかけで、テーブルごと買い替えている。

www.muji.net

 

4人家族が日常で使うには丁度よいテーブル面積の広さ、和風な我が家に合ったデザインで非常に気に入っている。購入して今年で3シーズン目であり、ちょっとした感想を。

 

良い

・フラットヒーターのおかげで、年中違和感なくテーブルとして使える。

・テーブルの足が細いのとフラットヒーターのおかげで、こたつ使用時に寝転んでも窮屈ではない。

・毎日、子供が宿題をしているが、表面に傷が付きにくい。

 

 

いまいち

・ヒーターの立ち上がりが遅く、なかなか暖かくならない。

・重量がものすごく重い(梱包材含む30kg。。。テーブルの足が細いので、下に敷いた絨毯のへこみ方が半端ない)

 

総じて、買ってよかったと思える家具?家電?だ。今年の冬も家族の定位置になるだろう。

 

ふたたび野帳へ

メモ帳やノートとしてA5サイズの方眼ルーズリーフを使っている。仕事で使うには、大きくもなく小さくもなくデスク上でパソコンと共有させるには丁度いい大きさだと思っているが、プライベートでは持ち歩くのに少し大きいと感じていた。

 

持ち歩きようにはA7サイズのメモ帳を使っていたが、太目のローラーボールペンを使いだしたら、もう少し広いスペースに書きたいと思うようになったので、万年筆のインクでもで裏移りしにくいA6ぐらいのノートを検索していると、サイズは違うがコクヨ測量野帳がどうやら抜けないらしい。

 

 

測量野帳は2012年頃に一度使っていたので、使いかけで手元に残っていた。当時は子供と出かけた記録帳として使っており、スタンプ押したり、チケットはったりしていた。まだ半分ほどしか使っていなかったので、試しに1ヵ月程使ってみたところ、サイズ感が今の自分のニーズに合っていたのと、1冊200円程度というコスパの良さに継続して使用することにした。

 

丁度アマゾンでまとめ買いすると10%オフということで、10冊も使えるかどうかわからないけど、とりあえず購入した。

 

 

次はカバー買うかなぁ。

 

ワイヤレスイヤホンを買い替えた 完全ワイヤレスに移行

普段、家では音楽等はあまり聞かないが、通勤などの移動中には、radikoポッドキャスト、音楽を聞いている。ボーズとかソニーの高級なノイズキャンセル付きのヘッドフォンに憧れはあるものの、音質にはあまりこだわっていないこともあり、購入する化身が付かない。

 

以前は、ソニーのノイズキャンセルがついた八千円ぐらいのイヤフォンを使っていた。多分これと同じやつ

www.amazon.co.jp

 

一度紛失したため、色違いを買いなおして長年愛用していた。その後、どうにもコードが邪魔に感じ、Bluetoothの遅延や途切れが少なくなってきたという話なので、ソニーBluetoothレシーバー付きのイヤフォンに買い替えた。確か購入当時は5千円ぐらい。

 

レシーバーを胸ポケットに入れて、スマホと切り離すだけで、随分と取り回しが良くなった。

 

その後、完全ワイヤレスの製品がポツポツ出始め、Appleair podsで完全ワイヤレスが一般的になったと思う。

 

ソニーのイヤフォンのバッテリーがへたってきたので、そろそろ買い替え時となったので、完全ワイヤレスへ移行することにした。中華製の安いのからアップルやソニーの高級?というか2万前後まで幅広の商品から今回選んだのがこちら。

 

完全ワイヤレスは、耳の中にバッテリーを入れるようなものなので、あまりに安い中華製は不安であり、かといってソニーのノイズキャンセル付きは流石に高い。そこそこの値段で、信頼性のあるメーカーということで、モバイルバッテリーでもつかっているAnkerの商品にした。

 

購入して2か月ほどになるので、使用感をまとめると

 ・ペアリングは、毎回スムーズにつながる

 ・ケースがバッテリーを兼ねているので、毎日の通勤に使用してもイヤフォン

  に都度充電されるので、本体の充電頻度は週1,2回程度で楽

 ・有線のイヤフォンに比べると、重量が耳に負担に感じて長時間は耳が痛くなる

といったところ。

 

バッテリーの重量が耳に負担と感じるのは個人差があると思うが、ケーブルが無くなる完全ワイヤレスは開放感は最高だ!

 

 

 

 

気ままな投資 楽天カードで積立はじめる

今月に入って世界中の株価が下げ基調(新興国株式は米国の利上げ以降からだが)となっており、保有している投資信託ETFは、夏に利確して整理したこともあり、先週末にはほぼ絶賛マイナスに落ち込んだ。

 

自分の積み立てのルールは、ぶれぶれで変わるのだが、

 ・継続すること

 ・適度に利益は確定させる(15~20%以上で1/3~1/2を売却する)

 ・低コストなインデックス投信を中心にする

 ・評価損益がマイナスに転落すると積立額を増加

といった具合なので、先週あたりから毎日の積立額が増加されている状態である。

 

まだ、下げ止まったわけではないし、プラス転換するまで資金が続くかどうか分からないけど、今まで通りコツコツ積み上げていくつもりだ。

 

さて、いよいよ楽天証券楽天カードから積立すると、上限5万円で1%のポイント付与されるサービスの手続きが始まった。実際の購入は12月分からではあるが、手続きは28日からなので、これまでSBI証券で積立していた投信を楽天に変更して積み立てる設定した。

 

こうなるとNISA口座はSBIに残したままにしておくかどうか。。。悩ましいところだ。

 

 

 

 

 

万年筆のインクが使えるエルバンのローラーボールペン

万年筆のインクが使えるローラーボールペンとして、カキモリを所有しており、パイロットの色雫の紅葉を入れて、チェックペンとして活用している。油性のボールペンに比べて書く喜びを感じるペンだ。そうなると普段のメモ書きにも使いたくなったので、もう1本欲しくなり、どうせなら違うペンも試してみようとカキモリを買うときに検索で引っかかっていたエルバンのローラーボールを購入した。

 

見た目

キモリと同じスケルトン。見た目はカキモリのほうが好みかな。

f:id:tanako3sun:20181012104520j:plain

ペン先はボールペンそのものだが、軸の内部はヒダヒダがあり万年筆のような構造。

f:id:tanako3sun:20181012104525j:plain

 

アマゾンで買うと、カートリッジを使うタイプとコンバーターを使うタイプがあるので、購入の際はお間違いなく。

 

エルバン ボールペン コンバーター付き スケルトン hb-pen08

エルバン ボールペン コンバーター付き スケルトン hb-pen08

 

 

書き味は?

インクにはパイロットの色雫の深海を入れた。書いた直後は青が強いが、徐々に黒っぽく変色していく。

 

キモリと同じような書き味だが、エルバンのほうがカリカリ感が少ないと感じた。

 

キモリでは感じなかったが、握る部分にキャップとの段差があり、エルバンにはリングのような物が入っているので、若干の段差を感じることがあり、そこが微妙に持ちにくいが、そのうち慣れるか?

 

まとめ

染料インクを使っているので、毎日使わなくてもインクが詰まることなく、サラサラ書けて普段使いには非常に使いやすいペンだ。

 

万年筆のインクを使いたいけど、万年筆のペン先の気取った感が苦手な人には、カキモリ同様にお勧めできる。