そうだ!三浦半島にマグロに食べに行こう!!

京急には「みさきまぐろきっぷ」なる超お得な切符があることを今更ながら知ったので、これを利用して日帰りの旅に行ってきた。

最寄りの品川駅からだと、3,060円で

・往復の乗車券(電車で片道930円)

・バスの乗車券(京急バスで片道300円)

・提携店舗でまぐろのお食事券(だいたい1,200円ぐらいか?)

・レジャー施設の利用(だいたい1,000円~1,700円ぐらい)

がセットの切符で、半日~1日堪能できるそうだ。

 

www.keikyu.co.jp

 

切符は、京急の各駅で購入するのだが、窓口だけでなく券売機でも購入できる。有効期限は1日で、日付を指定すれば21日前からの事前購入も可能。せっかく海に向かっていくので、天気が悪い日だとテンションもさがるだろうから、天気のいい日を見計らって、切符は当日購入することにする。

 

京急品川駅のどこに窓口があるか分からないので、券売機で切符を購入する。

券売機では、「きっぷ」・「お得なきっぷ」を選択すると、フリー切符系がいくつか現れるので、「みさきまぐろきっぷ」を選択する。

支払いは、PASMOでも支払えるのみたいなので、オートチャージ付きのPASMOを突っ込んだんだが、残金が3030円だったので(ちょいと足りない!!)追加で現金投入して、切符を3枚(みさきまぐろきっぷ、みさきまぐろ食事券、みさきまぐろ施設利用券)入手する。

快速特急で70分ほどだが、便数も多い(だいたい10分間隔ぐらい?で出ている)ので、混んでたら一本ずらして座っていくことも可能と思っていたが、平日の午前中なんで普通に座れた。

 

三崎口からは、バスで三崎港まで移動するんだが、こっちは本数が多くはないのか?マグロ目的の人ばかりで、そこそこ満席状態で乗車する。

 

「くろば亭」に行く

 

f:id:tanako3sun:20170716222644j:plain

 

昼食は30店舗から選べるとあるが、駅で入手したパンフレットの写真はどれも美味しそうで。。。。とりあえず、ググって定番のようですが、こちらにした。ちょうど昼前だったけど、平日だったのですんなり入れ、マグロ漬けと天婦羅のどんぶりを注文する。

 

さぁーーいよいよまぐろとご対面

 

f:id:tanako3sun:20170716222744j:plain

 

ちょっと白飯が少ない気がするが、 マグロの漬けも天ぷらもあっという間に食べきってしまった。どちらが好きかというと、衣がサクサクでしっかり味付けされているので天ぷらが好みかな。

 

城ヶ島散歩する

施設利用券を使って、城ヶ島にある温泉に入るため再びバスに乗って移動することにしたが、島に渡ってすぐのバス停である白秋碑前で下車して、馬の背洞門を見に行くことにした。

バス停からは目立った看板などはないので、微妙に分かりにくいが、こんな道を歩いていく。

 

 途中、景色が開けて展望デッキみたいになり、ウミネコの繁殖地になるらしい場所が見える。

f:id:tanako3sun:20170716223004j:plain

 

 

どんどん進むと、道は狭くなり下っていくので、帰りがつらいことになりそう。。。草も生えすぎ。

f:id:tanako3sun:20170716223009j:plain

 

そして、ようやくゴールっぽくなってきて

f:id:tanako3sun:20170716222941j:plain

 

 

馬の背洞門に到着。

f:id:tanako3sun:20170716222921j:plain

 

 

正直、馬の背洞門より、周りの景色のほうが凄いと感じた。なんというか、自分の知ってる日本じゃないみたい!!

f:id:tanako3sun:20170716223005j:plain

 

さーて、帰りますか。。。坂道上ってと思ったが、このまま海岸沿いに歩いていけば1kmぐらいで、城ヶ島京急ホテルにいけるようなので、海岸沿いをひたすらあるいて、温泉を目指すことにした。

www.misakikanko.co.jp

 

途中、固まってお昼寝中のネコ発見

f:id:tanako3sun:20170716223007j:plain

 

 

城ヶ島京急ホテルの雲母の湯は、人口ラジウム鉱泉で新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高める効用があるので、夏は風呂上りが大変です。

 

ここの温泉の売りはなんといっても景色でしょう(写真はないが!!)

 

相模湾を眺めながら、晴れて澄んだ空だと富士山が見える。。。らしい。。湿度の高い夏は無理だ。。。かすんで全く見えない。

 

最後の施設券を温泉で使い切り、再びバスに揺られ三崎口まで帰り、三浦半島というか、ほんと先っぽだけだけど日帰りマグロの旅は終了。

 

このお値段なら、また違う季節に来たいなと思える場所でした。

 

 

 

Logicool M570tを購入する

 

マウスに特段こだわりがないわけではないが、エルゴノミックという言葉に惹かれて購入したマイクロソフトのマウスを使用してた。

 

www.microsoft.com

 

今回の引越しに伴い、それまで使っていたノートパソコンごと家に置いてきたので、ほぼ使っていなかったデスクトップPCとバッファロー製のワイヤレスマウスを持ってきて使っていたが、もう少し使いやすいマウスが欲しいと思い、マイクロソフトのマウスを買うときにも検討したトラックボール型のLogicool Wireless Trackball m570tを買うことにした。 

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

 

 

とりあえず、取説は読まずに、電池(単三)を入れレシーバーをUSBに刺し使ってみることにする。

 

大きさは比較的大きめの手?(人差し指の先から手の甲までが19センチ)の自分でもしっくりくる。

 

クリック音やホイール音は静音は期待できないが、特段大きいというわけではない。

初めて使うトラックボールは滑らかに動き、マウスポインターの動きは、、、慣れるまで細かい動きが難しい。

ただ、腕を動かさなくてよいのがこれほど楽だとは思わなかった。 

 

f:id:tanako3sun:20170418094727j:plain

 

設定用のソフトがあるみたいだけど、ボタン設定などは初期設定の進む・戻るボタンが使いやすいので、特に設定しない。

http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/wireless-trackball-m570

 

 

竹清(ちくせい)でうどん

平日の11時半、高松市図書館に行くついでに、うどんより天婦羅が有名な「竹清」へ久々に行ってきた。

 

f:id:tanako3sun:20170414114713j:plain

 

住所  :高松市亀岡町2-23

営業時間:11:00~14:30

定休日 :月曜日

 

平日の昼前だったこともあり、まだ混雑する前だった。入り口付近で天婦羅の注文を聞かれるが、おすすめは、半熟卵とちくわって書いているだけで、そのほかの天婦羅のメニューを提示しているわけでもないため、初めて来た人には意味が分からないと思う。

とりあえず定番の卵とちくわを注文したら、揚げ置きしていたのが出てきた。開店して客が少ない時間まで入り口で注文聞く理由がますます???となったが、まぁ、香川のうどん屋はどこでも揚げ置きをセルフで取るだけなんで、あれこれ考えずうどんを2玉注文する。

 

f:id:tanako3sun:20170414113830j:plain

 

相変わらず天婦羅はサクサクして美味しく、うどんは少し塩っ辛い。

 

 

成田→高松でジェットスターに乗る

3月から東京で仕事することになり、話し合った結果、単身赴任で行くことになった。

高松への交通費を考えると、早割りを使ったとしても、ANAJALで毎回移動するのは家計的に厳しいので、時間はかかるがジェットスターを利用することにした。

成田空港へ行くには、東京駅からのバスが安くて便数も多く便利ということだが、大崎駅の西口からでも、ネットで予約すると千円になり、品川を住処にしているので大崎から乗ることにし、時間はだいぶ余裕をもって大崎13時発を予約。

バス乗り場に到着すると20分前ぐらいにはバスが入ってき、予約済みであれば運転手に名前を伝えるだけで、乗車できた。この日は日曜日の午後で、乗客が座先数の半数を超えているため、座先指定されているとの説明があった。

バスは四列シートで、今回乗った便には足下にコンセントがあり、シートには顔が隠れるフードみたいなのがついていた。お陰で周りを気にせず寝ることができたので、起きたら成田空港の第二ターミナルを通過しており、途中の道路状況はよくわからなかったが、概ね時間通りのようで、第三ターミナルには14時40分頃に到着した。


48時間前から可能なウェブチェックインを済ませていたので、直接保安検査所まで行けるが、時間に余裕があるので、途中の飲食店やお土産を見つつ行くことに。

飲食店はフードコートのような作りになっており、ショッピングモール等のフードコートであれば千円以下で食べれる店が多いが、ここは千円以上の店が多く、個人的にはわざわざ食べようという気にならないかな。

お店は一覧はこちら 
レストラン・ショップ検索結果 | 成田国際空港公式WEBサイト



保安検査所を通過して、早めに通過し待合室へいくことにした。保安検査所では通過の際に上着を脱ぐよう指示されたのは初めてだ。飲み物は所持していなかったが、後ろの人が未開封だったペットボトルを開封して一口飲むよう指示されており、これには驚いた。

さて、保安検査所も多少驚きの経験をしつつ通過し、待合室まで移動するが、またも歩く歩く。。。

f:id:tanako3sun:20170412113211j:plain


歩く


f:id:tanako3sun:20170412121011j:plain

歩く

f:id:tanako3sun:20170412121135j:plain

下る 

f:id:tanako3sun:20170412121205j:plain

到着

f:id:tanako3sun:20170412121526j:plain


途中、隙間風がぬける区間もあり、空調も効いておらずコストカットされてるなぁっと実感。


搭乗時間になったので、搭乗券(今回は、ジェットスタースマホアプリに表示されるQRコード)を係員に提示し、便名や座席が印字されたレシート(一切日本語なし、裏面にガストのドリンクバー無料券が印字されている)のようなものを受け取る。

飛行機自体は、ANAJALでも採用されているエアバス社のA320だかA321だか忘れたが、3列×2のシート配列で、乗り降りに時間がかかるやつです。

あとは高松までの1時間45分をひたすら寝るだけと思ったが。。。。狭いシートと3列の真ん中では思うように寝れず、キンドル本で時間をつぶし高松に到着。


今回初めてLCCを利用し、

 ・都内から成田空港は遠く、空港内は広い
 ・便数が少なく時間を選べない
 ・飛行機は快適とは言い難い
 ・トータルの所要時間はJRを使う場合と変わらない

など、羽田からの便に比べて、不便な点を挙げればきりがないが、少し早めに予約すれば、往復1万5千円以下(バス代含む)で東京⇔高松を移動できることを考えると、時間に余裕があるときは単身赴任の費用削減のため、今後も使っていくことになると感じた。

平日の仏生山温泉でくつろぐ

3月から仕事環境が大きく変わり、平日が休みになった。

春休み中の子供たちも行事ごとでいないため、夕方までのんびり過ごすことになったので、早めに大島うどんで昼ご飯を食べて、のんびり自転車で温泉にいくことにした。

  

busshozan.com

 

高松市の中心部から近いこともあり、土日・祝日の夕方に行くと人が多すぎて、最近ではもっぱら平日の夕方に行っていた。

入浴料は大人600円(子供は300円)靴置き場にある券売機で購入することもできるが、高松市周辺でしか使えない超マイナー電子マネーIruCaを使えば、そのまま受付で支払いが可能となる。

IruCa(イルカ)のトップページ

 

建物は温泉施設とは思えないデザインで天井が高く広々としている。

 

 

男はこっち

 

 

さすがに平日の昼間だと、年配の方が大半で広々と入れる。

個人の感覚だが、いつも温度が高めの内風呂は、ちょうどいい湯加減。外風呂は、30度ぐらいの(感覚としては温水プール)湯船は相変わらず冷たいく、一番ヌルヌルしており、気長に入っていると暖かくなる。残り2つの湯船は、高低差をつけて湯が流れるようにつながっており、上流側は熱く、下流が適温だった。

湯船の温度は、外気温に左右されるのか、日によってまちまちで適当な気がするが、傾向は同じなので、その時の温度に合わせて入りやすい湯船を選択する。今日は人も少ないので、外風呂を熱い→適温→冷たいで順番に巡って過ごす。

 

肌もつるつる、肩こりも今だけすっきりして家に帰る。

 

 

車の買換え

我が家のマイカーは、新車で購入から12年経過した、走行距離13万キロオーバーのカローラランクス(2004年製)。

コンパクトカーながら排気量が1800ccあるので、4人乗っても楽々、今でも燃費は街乗りで12km/Lは走るので、特段不都合は感じていないものの、来年の9月には13年目の車検があるので、税金が請求される前の今年度中に買換えを検討することに。

http://cvimg01cv.c.yimg.jp/cvmaterials/modelimages/newoverview/1/150253.jpg

 

購入に当たって考慮する点は、

 ・身内にトヨタ社員がいる

 ・スライドドア → ミニバン確定

 ・3列シート → 常時は不要だが、あれば便利だろう

 ・家の周りが狭い道が多い → 5ナンバー

 ・燃費がいい → ガソリン代で元は取れないがハイブリッドか?

候補は、大きく分けると

 ①シエンタ(フリード)

 ②ノア・ボクシー(ステップワゴン、セレナ)

に分類される。使用頻度が少ない3列目シートの快適性からいくと②だが、普段使いで考えると①でシエンタかなぁ。。。

 

 

こたつの買換え

そろそろコタツでゴロゴロしたい季節がやってきたので、こたつ布団を天日干しして、こたつ机を出してきて、スイッチオン。。。。なんか焦げたようなにおいがする。

ヒーター周りに埃がたまって焦げたのだろうと思い、ヒーター部分を外して掃除すればいいかと、ヒーター部分を取り外してみると1998年製の文字が目に入る。18年ものかぁ、こたつって長持ちするなぁ。

掃除したら問題く使えそうだが、さすがにいつ壊れてもおかしくない状態かもしれないので、これを機に買い替えを検討することにする。

 

ヒーター部分だけの交換であれば、ヒーターの種類で値段が変わるけど、

  • 石英管   4千円
  • ハロゲン  6千円
  • コルチェ  8千円

ぐらいで購入できるようだ。ヒータだけ買い替えるのはお手軽だが、そうなると今から10年は同じテーブルを使うことになる。

今のコタツが一人暮らし用の75×75ですこし狭い。これから子供2人が大きくなると、もう少しサイズが大きい120×75のようなコタツがいいかな?ってことで買換えることにしよう。

 

ヒーター部分がフラット、テーブルが楕円のもので、布団も買換えが必要になるので、予算は4万前後。探して選んだのがこちら

www.muji.net

今なら布団もセットで10%オフなので、こちらもセットで購入

www.muji.net

ふとんのデザインは相方の好みで、即座に決定。

今なら送料も無料なので、店舗受け取りにせずそのまま注文へ。さーて届くのが楽しみです。