浄水器のカートリッジ交換をコストダウン化

我が家の浄水器

うちのシステムキッチンはTOTOで、ビルトイン形の浄水器をつけており、このカートリッジは一年ごとに定期交換するようになっており、TOTO純正品のTH634-2を直営店かwebで購入すると18,000円、定期購入?という会員になると15,500円というお値段がする。

pent-ec.toto-partscenter.jp

当然ながら、ネットで探せばアマゾンか楽天かヨドバシ等で探せばもう少し安く入手できるだろうということで、初回の交換時はアマゾンで、2回目の交換は楽天で購入した。それでも10,000円~13,000円程だった。

 

互換品の存在

今年も交換時期がグーグルカレンダーから通知が来たので、購入手配するかと思いながら、アマゾンをみてみると、互換品がどうのこうのと。。。しかも7500円程度で入手可能だと。。。

 

 

調べてみると三菱レイヨンのUZC2000やUZC2000-BLが互換品つーか、もともと浄水の技術は三菱レイヨンが本家だろうから、TOTOOEMで製造しているのが正確か。

 

そうとわかれば、今回からは三菱レイヨン製のカートリッジにしようとタイムセール祭りに合わせて購入した。

 

カートリッジ交換

 交換はいたって簡単。。。のはず。inとoutの口にホースがつながっているので、ロックを外してホースの口を付け替えるだけ。ホースの中に残っている水が漏れないよう気を付ければ大丈夫。

 f:id:tanako3sun:20180904120404j:plain

なんだけど、うちのホースなんでこんなに短くしちゃったか、交換すること考えてないぐらい短い。

 

普通に考えれば、カートリッジをホースになげたまま手前に引き出し、スペースに余裕のある広い場所でホースを付け替えて、元の位置に戻して完了だろう。

 

ホースの余長がないと、元位置でホースを外し、旧カートリッジを取り出して、新しいカートリッジを入れて、手元が見えない位置でホースを付け替えるので大変。手が入らん。。。

 

こりゃ施工ミスだろ、今更ながら。また来年の交換が面倒だ。

 

 

雨滝自然科学館で夏休みの親子教室に参加してきた

さぬき市にある雨滝自然博物館は、入場無料で、なんというか先生方の趣味の世界の延長のような雰囲気。色々な化石の実物やレプリカを狭い中にごちゃごちゃと展示しており、大学の研究室用様な雑多な感じだ。

www.google.co.jp

夏休みなると親子教室が開かれている。コースは曜日時間によっていろいろ選べる。詳しくはこちら

www.city.sanuki.kagawa.jp

 

恐竜大好きな息子は恐竜発掘体験に行きたかったようだが、小学三年以上のため断念し、恐竜化石・アンモナイト・サメの歯・鉱物発見のコースに参加した。

 

受付を済ますと、この暑い中クーラーが故障という悲惨な状態で30分程度館内の展示物の説明を聞く。この夏休みのために取り寄せたクジラ関係のレプリカ化石が税関で止まってるらしく、微妙な雰囲気だった。暑いので子供らは聞いちゃいません。

 

いよいよ鉱物と化石を発掘します。石膏でできた白い円柱の中に鉱物度が埋まっています。(石膏は作業後)

f:id:tanako3sun:20180803180310j:plain

 

少しづつ砕いていくと、こんな感じの鉱物が取れるので、最後は水で洗ってきれいに仕上げます。

f:id:tanako3sun:20180803180331j:plain

 

サメの歯、アンモナイト、恐竜のホネ、鉱石が6種を必ず入れてくれているようなので、根気よく砕いていけば必ず取れますが、結構地道で手が疲れるため、小さい子供の場合、親が積極的に関与していかないと時間ばかりかかるようだ。

 

これだけで自由研究の課題にするのは難しいけど、発見するという体験は結構貴重かと思います。

 

万年筆用のインクが使えるカキモリのローラーボールペンを買ってきた

職場が変わると仕事のやり方も変わるもので、今の仕事は、モニターを眺めならチェックリストを順番に処理していく業務が多く、手書きのメモを取ったり、考えを整理することがほとんどなく、筆記具の使用頻度が大幅に減った。

 

これまでは、仕事で手書きする機会があったため、

 ・ジェットストリームのピュアモルトの4色

 ・グラフ1000フォープロ

 ・フリクションの赤・青

を使い分けていたが、今となっては、チェック用に赤フリクションの一択となってしまった。

 

「消せる」というフリクションは他を寄せ付けない便利さがあるが、色が・・・気に入らない。消せるインクだから、あのような色になるんだろうけど、かすれた感じの微妙な薄さがどうにも気に入らない。

チェックやメモ程度なら、消すこともほぼなく、使用頻度も少ないため、フリクション以外をメインにしようと思い、たまたま見ていた文具系のサイトで、万年筆用のインクが使えるボールペンがあった。

 

それがこちら

kakimori.com

 

一時期文房具にハマった時期もあったので、ノートを自分仕様で製作できるカキモリの存在は知っていたが、実用的なペンまであるとは思わなかった。

 

似たような製品がないかネットで探してみたが、国内メーカーでは製造されておらず、OEM元のドイツメーカーぐらいしか見当たらない。おまけに、アマゾンの商品レビューも芳しくない。一方で、カキモリローラーボールを買った人のレビューは、高評価が多いので、思い切って買ってみようと決断。

 

太さは0.7mmと0.5mmがあるが、普通の油性ボールペンに比べたら太めになるような感想が見受けられるので、迷わず0.5mmを選択。全身プラスチックなのは残念な感じがする。

f:id:tanako3sun:20180723224809j:plain

 

 

万年筆用に洗浄して色々な色を入れれるかと思ったけど、どうやら色は固定で変更するならペン先ごと変えるようだ。

インクは粘度が高めの顔料を推奨されており、毎日書くことがケアになるそうだが、仕事がない日はたぶん使わないだろう。

そうなると、染料インクのほうがケアが楽かなと思い、パイロットの色雫シリーズから赤系の紅葉を選択することにした。

 

f:id:tanako3sun:20180723224821j:plain

 早速、インクを入れてみた。

f:id:tanako3sun:20180705215522j:plain

 

書いた感じは、普通にきれいな「赤」クセがなく綺麗な赤。若干色が変化する感じがするが、味とかそういうのは無い感じで、赤ペンとして使いやすいと思う。

 

3日ぐらい放置して書くと掠れたりするけど、暫くグリグリすると普通に滑らかに書けるので、自分の使用頻度だと染料インクにして正解だったと思う。

 

たまにカリカリする書き味になる。0.5mmではあるが、ジェットストリームのような油性ボールペンと比較すると太字で細かいメモには適していない。字を書くなら、0.35mmか0.4mmぐらいが欲しいと思った。

 

チェックする・マークすると言った主目的は果たせたと思う。

 

 

その後のトラブル

 飛行機で帰省して、5日程使うことなく持ち歩いたところ、キャップ内でインク漏れが発生していた。幸いなことにキャップから漏れることがなかったので、カバンの中が血の海?な状態は回避できたのもの、少々不安になる事態。

気圧の変化で漏れたのか、夏の暑さで吹き出たか、細かい原因はわからないので、何とも言えないが、暫く注意して持ち運ぶようにしたい。

 

 

 

除湿器がフル稼働の季節

梅雨明けとなり、ジメッとした夏がやってきた。

暑くなればエアコンを使うので、人間は湿度が気にならなくなるが、洗濯物はどうにもならない。

うちの洗濯機は、東芝の乾燥機付きのドラム式で、毎日寝る前にセットすると、翌朝にはバスタオルや下着類は、シワだらけになるがカラッと仕上がっている。

 

電気代の安いヒートポンプ式の洗濯乾燥機に慣れてしまうと、以前の縦型洗濯機に戻れない。若干値段は高くなるが、家事を時短したい人は是非とも導入すべき家電だ。

 

この洗濯機、乾燥後に毎回ホコリを除去して定期的にフィルターを洗ったりしているが、購入して2年目ぐらいから乾燥工程で発生する埃が取り切れず、乾燥できなくなることが頻発した。

多分、どの乾燥機でも、しっかりとホコリを除去してやらないと、空気の流れが悪くなり、乾燥できなくなるはず。

 

乾燥できなくなると、購入した電気店の5年保障を有効活用して、毎年のように分解修理してもらってる。こう書くとクレーマーのように思われるが、分解しないと掃除できない場所に埃が溜まって、乾燥できなくなるため、明らかに設計ミスだと思う。次買うときは絶対違うメーカーにする。

 

前置きが長くなったが、タオルとか部屋着等以外の服は、しわと縮みを避けるため、洗濯後に小部屋で換気扇とサーキュレーター回して、夜から朝にかけて部屋干しで乾かしている。洗濯物が多くなり、湿度が高くなってくると、朝になっても乾いていないこともあり、そうなると部屋干しの欠点である匂いが気になるようになってくる。

 

そこで今年こそ、洗濯の乾燥用に除湿器を導入することにした。

 

除湿器には、デシカント式、コンプレッサー式、両方を合わせたハイブリッド式があり、それぞれの特徴はググれば分かるので割愛する。

 

我が家が選んだのはコンプレッサー式の三菱のMJ-100MX(2017年製)

www.mitsubishielectric.co.jp

この製品、2018年式が発売されているが、2016年ぐらいからほとんど進化していないようなので、値ごろな旧式でも機能上問題ないだろうと思い、2017年製を購入した。

 

 

MJ-100MXを使ってみてどうか

乾燥性能については、全く問題ない。夜の23時にセットすると、朝までにしっかり洗濯物は乾き、タンクには半分ぐらいの水が溜まって自動停止している。

 

正直なところ、ムーブアイが機能しているかどうかは正直よく分からない。 

 

冬になって室温が下がるときは、除湿性能が落ちるようだが、風量は結構あるし、ムーブアイも効果的に機能しているようなので、これまでのサーキュレーターだけで乾燥していた時より短時間で乾燥できるのではないか。

 

確実に電気代は増えたと思うが、部屋干しでもしっかり乾くという安心感は最高だ。

 

我が家にメダカがやってきた

祭りがあると、子供らは金魚すくいをやって、取れなくても数匹はもらえるので、うちで飼うことになるので、小さい水槽とポンプを設置して室内で飼育するが、残念ながら数か月で死んでいる。

一方で、うちの実家は屋外で10年近くメダカが飼われており、毎年増えている。昔は金魚も室内で飼育していたが、メダカのほうが水が汚れにくく、手間はかからないそうだ。

 

そんなわけで、この春生まれたメダカを頂いて、飼育することにした。

 

用意したもの

・鉢

水草

・メダカのえさ

以上。

砂利とか入れてやるといいらしいけど、とりあえず実家と同じ環境にしてみた。

 

飼育方法

・定期的な餌やり

・定期的な水追加

なるべく手間をかけず、うちの子供達でもできる方法とした。過度の餌やりは水質悪化につながるので、なるべく少なめで、足りないようなら親が追加する。水は一定水位を下回ったら水道水をバケツに汲み置きして起き、2、3日放置後に追加する。

 

f:id:tanako3sun:20180622104118j:plain

 

こんな感じになった。水草は1株だったのに、1ヵ月もしたらなんか増えた。。。成長しすぎだろ。

シエンタを1年半乗ってみて

2016年の12月末に納車された我が家のシエンタハイブリッドは、今月で18ヵ月目を迎える。最初にメンテナンスパックになるものを支払っていたので、6ヵ月点検に出してきた。通常前月に案内のDMが来るのだが、6月に入っても音沙汰ないので、電話で確認して予約したんだが、どうなってるんだ?

 

新車購入から走行距離が2万km程度では、当然不具合もなく、コーティングのメンテナンスと洗車があったので、1時間コースだった。

 

そろそろマイナーチェンジがあるようで、旧型化するのは悲しいことだが、1年半乗った振り返りと、感想などを記載する。

 

toyota.jp

 

我が家のシエンタは、HYBRID Gの7人乗り ブルーメタリック

f:id:tanako3sun:20180613161532j:plain

 

主なオプション

購入時につけたオプションは、

・LEDランプパッケージ

・スーパーUVカット&シートヒーター

・Safty Sense C

・SRSサイドエアバッグ+カーテンシールドエアバッグ

・ナビレディパッケージ

・ビルトインタイプのETC

・サイドバイザー

・オートリトラクタブルミラー

等で、あとは社外ナビとして8インチの楽ナビ

 

安全面の装備はなるべく付けて、飾り系は極力つけていない。追加したオプションはほぼほぼ不満はないものの、不要だなと感じるものもある。

 

不満・不要だったもの

不要だったなと思うものは、サイドバイザーだ。雨の日に窓を少し開けることもほとんどなく、風切音がうるさいだけと感じる。

 

オプション設定にクルーズコントロールがない。高度な追従機能はいらない。昔からある一定速度で走る機能だけでいいので、純正品としての選択肢が欲しかった。これと6人乗りでも二列目シートがウォークスルー出来ないことで、フリードにした人多いんじゃないかな?

 

これは予想外

予想外に良かったのは、シートヒーターだ。シートヒーターはUVカットと抱き合わせでセットになっており、当初不満だった。

 

UVカットは季節を問わず必須だが、シートヒータは不要と思っていた。ところが、冬になるとヒートシータのありがたさが身に染みた。

ハイブリッド車は、エンジンが小まめに停止するため、エアコンで温風を出すには継続的にエンジンを動かす必要がある。残念ながらシエンタにはグリルシャッターがオプションで無いため、冬場はチョイ乗りするとエンジンが回りっぱなしで、ただの重い車になる。結果として、シートヒータがあれば、冬場も室温は上がらないが、快適に。。。なんか違う気がする。。。ガソリン車なら、エアコンが効くからシートヒーターいらないじゃん。それとハイブリッド車にはグリルシャッター標準かオプションで用意しろ。

 

気になる燃費

 メータ表示される燃費と満タン給油時に計算すると大体同じだ。季節によって異なるが、平均するとカタログ値の70%ぐらいで、大体このくらい。

 春・秋・夏 19km/L~21km/L

 冬     17km/L~19km/L

   

乗る条件は、

  • 坂道がほとんどないうどん県
  • 平日は子供の送迎で片道10分とかのちょいのり多め
  • 休日は片道30分~1時間で実家や遠出する

 

高速道路を走ると、エンジンが回りっぱなしでハイブリッド感は全くなくなるが、22km/L程度で走るため、車で旅行すると、燃費記録の上位が変更される。

 

3列目はどうか

はっきり言って、日常では使えません。シートがペラペラなことより、足元狭くて窮屈過ぎるのが耐えられない。近所に食事とか買い物程度なら、我慢できるが、遠出は遠慮したい、無理。

3列目があると荷室も狭くなるので、普段は3列目を収納して、荷室を広く使うようにしている。

 

3列目に座るには、スライドドアから直接乗れず、こんな感じで2列目を一度倒して乗り込むので、結構手間がかかる。(写真は3列目収納中)

f:id:tanako3sun:20180622103528j:plain

 

シエンタの3列目は床下収納されるので、荷室が広く使えるのはフリードと比較してメリットだと思う。

 

走りはどうか

街中や高速を普通に走るのには全く問題ないし、それ以上は求めていない。1.5リッターのファミリーカーで電池・モーターまで積んでます。それ以上は期待するだけ無駄というもの。発進時は普通に踏み込むと、比較的低速(20km/h以下)からエンジンがかかる。燃費よく走るには、エンジンで法定速度まで加速して、アクセル緩めてエンジン停止・モーター駆動に移行し、そのままモーターだけで走るのが良いようだが、田舎の幹線道路をモーターだけで60km/h走行するには、平坦か若干の登りの場合、パワーが足りず、50km/hまで徐々にスピードが落ちていく。もう少しモーターの出力が欲しい。

 

その他

スライドドア最高。

防音、防寒などは諦めるか、自分でDIYするしかない。エンジン音は結構うるさいし、冬は足元から冷える。

 

 

まとめ

ひどい欠点はないが、絶賛する長所もない、普通の車。

移動手段と割り切って、普段は四人で、年に数回3列シートを使う家族持ちにはおすすめ。

 

 

 

そうだ、引田のマーレリッコで鯛を釣ってこよう!

子供らの習い事先で、鯛釣り・うどん体験・温水プール等に行く日帰りツアーチラシを見て、行きたいと貰ってきたんだが、一人約9千円。。。。

 

どうせなら同じ場所に、家族で行ったほうが安く上がるし、一緒に習い事に通っている友達家族と予定を合わせて行けば、子供らも楽しいだろうという結論に。(親元を離れて集団行動するってのも経験ではあるが、子供2人行くと財布が痛い)

 

梅雨入りしたはずの四国ではあるが、今週末は五月晴れなのか?お出かけ日和。急遽、金曜日の夕方に子供の友達家族に連絡して、日曜日に現地に10時集合でマーレリッコに鯛釣りに行ってきた。

 

saltlake-hiketa.co.jp

 

  • 入場料100円
  • 餌やり200円
  • 鯛釣り500円(持ち帰りの鯛付き)

 入場料ってのがよく分からんが、一応展示物があったりするので、施設維持料ってことで納得しつつ、JAFの会員証を見せると半額の50円に。。50%オフですよ!!JAFの割引って、施設の入場料が50円引きとか100円引きはよくあるが、100円から割引するとは。。

 

餌やりは、そこらの動物園に比べると良心的な物量とお値段。

 

f:id:tanako3sun:20180603213144j:plain

餌を受け取り、桟橋を渡って、いざ生簀へ

 

f:id:tanako3sun:20180603213149j:plain

今日は、右側の生簀で餌をやり、左側で釣り体験をした。

 

餌やりの生簀はこんな感じで魚が渦を巻いている。

 

f:id:tanako3sun:20180603213503j:plain

 

餌を放り込んだ瞬間に獰猛な?魚どもが一気に食べつくされます。最初はびっくりするけど、食べっぷりがいいので、子供は大喜び。金魚の餌やりとはスケールが違います。

 

 

続いて鯛つり。聞いたところ餌は、エビ・・・ことわざ通りで吹いてしまいました。竿に餌付けまで準備してくれて、釣り糸を垂らして3秒でつれますって説明の通り、一、二、三で引き上げると釣れました。

釣り上げると血抜きまでしてくれて、袋に入れて渡してくれます。となりのワーサン亭へ持っていくと、250円で内臓とウロコをとってくれて、氷も入れてくれるので、ク保冷袋を持っていくといいです。(一応、現地でも保冷袋売ってます)

 

餌やって、魚釣っても30分ぐらいで終わっちゃいますが、子供にとっては豪快な餌やりと初体験の釣りは楽しかったようで、もう一回釣りたいと。。。そんなに持って帰っても食べれませんぞ。