除湿器がフル稼働の季節

梅雨明けとなり、ジメッとした夏がやってきた。

暑くなればエアコンを使うので、人間は湿度が気にならなくなるが、洗濯物はどうにもならない。

うちの洗濯機は、東芝の乾燥機付きのドラム式で、毎日寝る前にセットすると、翌朝にはバスタオルや下着類は、シワだらけになるがカラッと仕上がっている。

 

電気代の安いヒートポンプ式の洗濯乾燥機に慣れてしまうと、以前の縦型洗濯機に戻れない。若干値段は高くなるが、家事を時短したい人は是非とも導入すべき家電だ。

 

この洗濯機、乾燥後に毎回ホコリを除去して定期的にフィルターを洗ったりしているが、購入して2年目ぐらいから乾燥工程で発生する埃が取り切れず、乾燥できなくなることが頻発した。

多分、どの乾燥機でも、しっかりとホコリを除去してやらないと、空気の流れが悪くなり、乾燥できなくなるはず。

 

乾燥できなくなると、購入した電気店の5年保障を有効活用して、毎年のように分解修理してもらってる。こう書くとクレーマーのように思われるが、分解しないと掃除できない場所に埃が溜まって、乾燥できなくなるため、明らかに設計ミスだと思う。次買うときは絶対違うメーカーにする。

 

前置きが長くなったが、タオルとか部屋着等以外の服は、しわと縮みを避けるため、洗濯後に小部屋で換気扇とサーキュレーター回して、夜から朝にかけて部屋干しで乾かしている。洗濯物が多くなり、湿度が高くなってくると、朝になっても乾いていないこともあり、そうなると部屋干しの欠点である匂いが気になるようになってくる。

 

そこで今年こそ、洗濯の乾燥用に除湿器を導入することにした。

 

除湿器には、デシカント式、コンプレッサー式、両方を合わせたハイブリッド式があり、それぞれの特徴はググれば分かるので割愛する。

 

我が家が選んだのはコンプレッサー式の三菱のMJ-100MX(2017年製)

www.mitsubishielectric.co.jp

この製品、2018年式が発売されているが、2016年ぐらいからほとんど進化していないようなので、値ごろな旧式でも機能上問題ないだろうと思い、2017年製を購入した。

 

 

MJ-100MXを使ってみてどうか

乾燥性能については、全く問題ない。夜の23時にセットすると、朝までにしっかり洗濯物は乾き、タンクには半分ぐらいの水が溜まって自動停止している。

 

正直なところ、ムーブアイが機能しているかどうかは正直よく分からない。 

 

冬になって室温が下がるときは、除湿性能が落ちるようだが、風量は結構あるし、ムーブアイも効果的に機能しているようなので、これまでのサーキュレーターだけで乾燥していた時より短時間で乾燥できるのではないか。

 

確実に電気代は増えたと思うが、部屋干しでもしっかり乾くという安心感は最高だ。

 

我が家にメダカがやってきた

祭りがあると、子供らは金魚すくいをやって、取れなくても数匹はもらえるので、うちで飼うことになるので、小さい水槽とポンプを設置して室内で飼育するが、残念ながら数か月で死んでいる。

一方で、うちの実家は屋外で10年近くメダカが飼われており、毎年増えている。昔は金魚も室内で飼育していたが、メダカのほうが水が汚れにくく、手間はかからないそうだ。

 

そんなわけで、この春生まれたメダカを頂いて、飼育することにした。

 

用意したもの

・鉢

水草

・メダカのえさ

以上。

砂利とか入れてやるといいらしいけど、とりあえず実家と同じ環境にしてみた。

 

飼育方法

・定期的な餌やり

・定期的な水追加

なるべく手間をかけず、うちの子供達でもできる方法とした。過度の餌やりは水質悪化につながるので、なるべく少なめで、足りないようなら親が追加する。水は一定水位を下回ったら水道水をバケツに汲み置きして起き、2、3日放置後に追加する。

 

f:id:tanako3sun:20180622104118j:plain

 

こんな感じになった。水草は1株だったのに、1ヵ月もしたらなんか増えた。。。成長しすぎだろ。

シエンタを1年半乗ってみて

2016年の12月末に納車された我が家のシエンタハイブリッドは、今月で18ヵ月目を迎える。最初にメンテナンスパックになるものを支払っていたので、6ヵ月点検に出してきた。通常前月に案内のDMが来るのだが、6月に入っても音沙汰ないので、電話で確認して予約したんだが、どうなってるんだ?

 

新車購入から走行距離が2万km程度では、当然不具合もなく、コーティングのメンテナンスと洗車があったので、1時間コースだった。

 

そろそろマイナーチェンジがあるようで、旧型化するのは悲しいことだが、1年半乗った振り返りと、感想などを記載する。

 

toyota.jp

 

我が家のシエンタは、HYBRID Gの7人乗り ブルーメタリック

f:id:tanako3sun:20180613161532j:plain

 

主なオプション

購入時につけたオプションは、

・LEDランプパッケージ

・スーパーUVカット&シートヒーター

・Safty Sense C

・SRSサイドエアバッグ+カーテンシールドエアバッグ

・ナビレディパッケージ

・ビルトインタイプのETC

・サイドバイザー

・オートリトラクタブルミラー

等で、あとは社外ナビとして8インチの楽ナビ

 

安全面の装備はなるべく付けて、飾り系は極力つけていない。追加したオプションはほぼほぼ不満はないものの、不要だなと感じるものもある。

 

不満・不要だったもの

不要だったなと思うものは、サイドバイザーだ。雨の日に窓を少し開けることもほとんどなく、風切音がうるさいだけと感じる。

 

オプション設定にクルーズコントロールがない。高度な追従機能はいらない。昔からある一定速度で走る機能だけでいいので、純正品としての選択肢が欲しかった。これと6人乗りでも二列目シートがウォークスルー出来ないことで、フリードにした人多いんじゃないかな?

 

これは予想外

予想外に良かったのは、シートヒーターだ。シートヒーターはUVカットと抱き合わせでセットになっており、当初不満だった。

 

UVカットは季節を問わず必須だが、シートヒータは不要と思っていた。ところが、冬になるとヒートシータのありがたさが身に染みた。

ハイブリッド車は、エンジンが小まめに停止するため、エアコンで温風を出すには継続的にエンジンを動かす必要がある。残念ながらシエンタにはグリルシャッターがオプションで無いため、冬場はチョイ乗りするとエンジンが回りっぱなしで、ただの重い車になる。結果として、シートヒータがあれば、冬場も室温は上がらないが、快適に。。。なんか違う気がする。。。ガソリン車なら、エアコンが効くからシートヒーターいらないじゃん。それとハイブリッド車にはグリルシャッター標準かオプションで用意しろ。

 

気になる燃費

 メータ表示される燃費と満タン給油時に計算すると大体同じだ。季節によって異なるが、平均するとカタログ値の70%ぐらいで、大体このくらい。

 春・秋・夏 19km/L~21km/L

 冬     17km/L~19km/L

   

乗る条件は、

  • 坂道がほとんどないうどん県
  • 平日は子供の送迎で片道10分とかのちょいのり多め
  • 休日は片道30分~1時間で実家や遠出する

 

高速道路を走ると、エンジンが回りっぱなしでハイブリッド感は全くなくなるが、22km/L程度で走るため、車で旅行すると、燃費記録の上位が変更される。

 

3列目はどうか

はっきり言って、日常では使えません。シートがペラペラなことより、足元狭くて窮屈過ぎるのが耐えられない。近所に食事とか買い物程度なら、我慢できるが、遠出は遠慮したい、無理。

3列目があると荷室も狭くなるので、普段は3列目を収納して、荷室を広く使うようにしている。

 

3列目に座るには、スライドドアから直接乗れず、こんな感じで2列目を一度倒して乗り込むので、結構手間がかかる。(写真は3列目収納中)

f:id:tanako3sun:20180622103528j:plain

 

シエンタの3列目は床下収納されるので、荷室が広く使えるのはフリードと比較してメリットだと思う。

 

走りはどうか

街中や高速を普通に走るのには全く問題ないし、それ以上は求めていない。1.5リッターのファミリーカーで電池・モーターまで積んでます。それ以上は期待するだけ無駄というもの。発進時は普通に踏み込むと、比較的低速(20km/h以下)からエンジンがかかる。燃費よく走るには、エンジンで法定速度まで加速して、アクセル緩めてエンジン停止・モーター駆動に移行し、そのままモーターだけで走るのが良いようだが、田舎の幹線道路をモーターだけで60km/h走行するには、平坦か若干の登りの場合、パワーが足りず、50km/hまで徐々にスピードが落ちていく。もう少しモーターの出力が欲しい。

 

その他

スライドドア最高。

防音、防寒などは諦めるか、自分でDIYするしかない。エンジン音は結構うるさいし、冬は足元から冷える。

 

 

まとめ

ひどい欠点はないが、絶賛する長所もない、普通の車。

移動手段と割り切って、普段は四人で、年に数回3列シートを使う家族持ちにはおすすめ。

 

 

 

そうだ、引田のマーレリッコで鯛を釣ってこよう!

子供らの習い事先で、鯛釣り・うどん体験・温水プール等に行く日帰りツアーチラシを見て、行きたいと貰ってきたんだが、一人約9千円。。。。

 

どうせなら同じ場所に、家族で行ったほうが安く上がるし、一緒に習い事に通っている友達家族と予定を合わせて行けば、子供らも楽しいだろうという結論に。(親元を離れて集団行動するってのも経験ではあるが、子供2人行くと財布が痛い)

 

梅雨入りしたはずの四国ではあるが、今週末は五月晴れなのか?お出かけ日和。急遽、金曜日の夕方に子供の友達家族に連絡して、日曜日に現地に10時集合でマーレリッコに鯛釣りに行ってきた。

 

saltlake-hiketa.co.jp

 

  • 入場料100円
  • 餌やり200円
  • 鯛釣り500円(持ち帰りの鯛付き)

 入場料ってのがよく分からんが、一応展示物があったりするので、施設維持料ってことで納得しつつ、JAFの会員証を見せると半額の50円に。。50%オフですよ!!JAFの割引って、施設の入場料が50円引きとか100円引きはよくあるが、100円から割引するとは。。

 

餌やりは、そこらの動物園に比べると良心的な物量とお値段。

 

f:id:tanako3sun:20180603213144j:plain

餌を受け取り、桟橋を渡って、いざ生簀へ

 

f:id:tanako3sun:20180603213149j:plain

今日は、右側の生簀で餌をやり、左側で釣り体験をした。

 

餌やりの生簀はこんな感じで魚が渦を巻いている。

 

f:id:tanako3sun:20180603213503j:plain

 

餌を放り込んだ瞬間に獰猛な?魚どもが一気に食べつくされます。最初はびっくりするけど、食べっぷりがいいので、子供は大喜び。金魚の餌やりとはスケールが違います。

 

 

続いて鯛つり。聞いたところ餌は、エビ・・・ことわざ通りで吹いてしまいました。竿に餌付けまで準備してくれて、釣り糸を垂らして3秒でつれますって説明の通り、一、二、三で引き上げると釣れました。

釣り上げると血抜きまでしてくれて、袋に入れて渡してくれます。となりのワーサン亭へ持っていくと、250円で内臓とウロコをとってくれて、氷も入れてくれるので、ク保冷袋を持っていくといいです。(一応、現地でも保冷袋売ってます)

 

餌やって、魚釣っても30分ぐらいで終わっちゃいますが、子供にとっては豪快な餌やりと初体験の釣りは楽しかったようで、もう一回釣りたいと。。。そんなに持って帰っても食べれませんぞ。

 

 

 

その後のクラピア

2016年3月に植えたクラピアも2年経過したので、その後の成長を記録しておこう。

 

tanako3sun.hatenablog.com

 

草抜きする程度で、ほったらかし状態だと2年経過して、こんな状態。失敗したかな。。。こりゃ

f:id:tanako3sun:20180602134909j:plain

まだら・・・です。最初に苗を植えた周辺は密度が濃いですが、それ以外の成長して伸びた箇所は緑が薄く、とてもグランドカバーとは言えない状態です。

 

ただ、写真の右のほうは、沢山の花が咲き、葉っぱの密度も濃い状態です。この隣には家庭菜園と称して畝を作っており、春から秋にかけて水やりを定期的に行っているため、成長がいいのではないかと推測しています。

 

 

今後は、定期的に水やりすることで、グランドカバーを目指すことにします。

 

 

野菜を食べるぞ! Kuvings whole slow juicer JSG-721 を買った

要はスロージューサーです。

一分間の回転数が30~45程度で、空気が混ざりにくくなるため、野菜や果物が酸化せず、本来持っている栄養を損なわずに残せて栄養の吸収率が高いそうです。まぁ、メーカーのページは色々と根拠を記載していますが、誇大広告じゃない限り言ったもん勝ちかなぁと思います。結局は買った本人が納得して使っているかどうかだと思います。

 

購入の動機

自分にとっては高額な商品ですが、あえて購入したのは、

・キッチンがない部屋に住んでおり、食事は弁当か外食になるので、明らかに野菜が不足している。

・なるべく手間のかからない方法で、野菜を食べたい。

・なるべく美味しく摂取したい

といったところです。

 

買ったのはこちらの製品

http://kuvings.jp/01product/product_view.asp?model_code=JSG-721(S)&menu=A001

 

代理店として十年保証とか書いているのはこちら

item.rakuten.co.jp

上から下までいろんな写真で面倒なページです。あと10年保証は、本体のモーターのみなので注意しましょう。付属のプラスチック部品が10年も使えるとは思えないので、壊れたら、部品だけ購入できたとしても、それなりにお値段するんだろうな。

 

使う前から文句ばかり書きましたが。。。気を取り直して

 

 

 部品はこんなにたくさん

写っていませんが、搾りかすを受け取るトレーとジュースを受けるトレー、掃除用のブラシが付属しています。

f:id:tanako3sun:20171213120825j:plain

 

 

説明書に従って無理なく組み立てられます。

 

f:id:tanako3sun:20171213120832j:plain

 

一気に飛ばしてニンジンを搾った

f:id:tanako3sun:20171213120820j:plain

 

普通のサイズのニンジン3本でようやく一人前のジュースとなりました。

(ん?写真。。。とる前に飲んじゃったよ)

 

ここはいいよ

さて、初めてのスロージューサーを使ってみましたが

・投入する口が大きいので野菜を切る手間が若干省ける

・音は思っていたより静か

 

ここは微妙だわ

他のメーカーを試したことないので比較はできませんが、

・値段は高い。値引きは期待できません。

・投入する口が大きいので野菜をそのまま入れれると思いきや、根菜系の硬い野菜は切れと。。一応人参で試してみたが、切らずに突っ込んでも搾れましたが、たぶんモーターは過負荷状態なんだろう。長く使う気なら、ある程度切ったほうが良いでしょう。

・掃除は面倒だ。ストレーナー(メッシュの金属網で搾りかすとジュースを分離するもの)に目詰まりした人参カスを除去するのは時間がかかります。ちっとも簡単じゃありません!!繊維と液体を分離する構造だと、他のメーカーも似たようなもんでしょう、たぶん。

・味は。。。まぁ。。。人参だけだと美味しいとは言えない。若干細かい繊維も入っているので、サラサラをイメージするとがっかりします。

 

初めてのニンジンジュースでした。次は果物系も入れてもう少し美味しく作りたいぞ! 

SANWA ワットメーター付き電源タップ 検電器 消費電力計(節電対策)を買った

買換えの動機

パソコンを繋いでる電源タップは、最大1500Wの使用だが、パソコンとモニター、充電器等で、全部使っても、精々500W程度で使用しているので、高負荷になることもないし。据え置きで持ち運ぶものでもないため、そんなに劣化するものでhないだろうと、買ってから10年以上は使っている。ネットで検索すると、電源タップは5年ぐらいが寿命とあるが、5年ごとに買い替えている人はいるのだろうか。

10年も使えば、それなりに経年劣化するだろうし、壊れた場合、使えなくなるだけならいいが、火災のリスクもあるので、買い替えることにした。

 

何を買うか

何を買ってもそれほど変わらないと思っているが、

  ・ACアダプターを使っても隣のコンセントをふさがない

  ・雷サージから機器を保護する

ぐらいは、考慮して選んだ結果、これにした。

 

消費電力を測定してみたいと思っていたので、最初はこれも買いたかったのだが、瞬時の消費電力が分かればいいので、電源タップに機能がついているもので十分かと。 

サンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N

サンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N

 

 

届いたので、開けた

f:id:tanako3sun:20171211160954j:plain

つないだのは、

 ・デスクトップPC

 ・液晶モニター

 ・充電器

 ・卓上扇風機

とりあえず計測してみたところ、180W前後。。。PC本体だけでGPUがフル稼働しても精々130W。。そんなもんかと拍子抜け。